英語力をレベルアップさせるコツは、映画で学ぶこと

gf01a201503180700

英語は映画で学べ

訪日旅行者が増え続ける中、
「私も英語を学んで外国人観光客と国際交流を楽しみたい」とか
「東京オリンピックまでに英語で道案内くらいはできるようになりたい」
と思う人は多いはずです。

しかし、実際に英会話スクールに通うとなると、
「仕事が忙しくて勉強する時間がない」とか
「高いお金を払って本当にしゃべれるようになるのか不安」
といった問題が出てきますよね。

そこで、気軽に英語を学び
外国人とコミュニケーションがとれるようになる
洋画学習法を紹介します。

1.洋画を見続ける

あなたはハリウッド映画をどのくらいの頻度で観るでしょうか?

私は28歳で英語を学びはじめるまで、
洋画は吹き替え版を含めてほとんど観ていませんでした。

しかし、英会話スクールの先生に、
勉強になるからと勧められて洋画を観るようになりました。

確かに、内容が理解できない状態でリスニングを
ひたすら続けるには強い意志力が必要です。

でも映画の場合、映像がありますから
完全に聞き取れなくても
何となくストーリーを把握できるのではないでしょうか。

「ではどのような方法で洋画を観れば英語学習につながるのでしょうか?」

それは1本の洋画を見続けることです。

まず、字幕なしで観てみましょう。
映像から各場面の会話を想像するのです。

ある程度イメージできるようになったら、
次は英語字幕で観てみましょう。

完全に聞き取れなくても英文が出てくるので、
何となくでもストーリーがわかるはずです。

これを何度も繰り返してみましょう。

すると、あなたの頭の中に各場面毎の文章が浮かんできます。
そこまでできたら次の洋画に移りましょう。

どうしても会話やストーリーがつかめないという人は、
一度日本語字幕で観てください。

英語字幕との違い、つまり、
外国人の感覚が理解できるようになります。

こうしてたくさんの洋画を観ることで、
ある日突然外国人に声をかけられても、
映画と似たような場面から記憶を引っ張り出して会話ができてしまうのです。

2.洋画を選ぶコツ

「映画で英語を学ぶ原理はわかったけど、どんな洋画を選べば良いの?」

あなたはそんな不安を抱いているかもしれません。
でも安心してください。そもそも気軽に学ぶ方法ですから、
あなたのお気に入りの洋画を観れば良いのです。

ただ、あえて言うなら
日常生活のシーンがたくさん出てくる洋画をお勧めします。
これは、SF映画だとどうしても非現実的なストーリーなので
一般的につかうセリフが少ないからです。

もしかすると、あなたは「なるほど」と共感する一方で、
「意外と面倒だな」と感じているのではないでしょうか。

確かに、英語学習において
「これさえやれば大丈夫」的なものはありません。

どんなノウハウもコツコツと続けることが成果を生むのです。
ただ、ハードルが高いことに挑戦するよりは、
簡単に始められることの方が長続きしそうですよね。

何百ページもある分厚い洋書を読んだり、
高価な教材を購入したりして英語を学ぶには勇気がいるかもしれません。

でも、DVDのレンタルやインターネットからのダウンロードなら
お金も手間も大してかかりません。

洋画学習法のメリットはこうした安価で気軽にはじめられる部分にあるのです。

3.英語マスターへの近道

このように、映画はエンターテイメントに限らず
英語学習のツールとしても役に立ちます。

あなたが洋画学習法で英語を話せるようになった未来を想像してみてください。
そこにはきっと、外国人と好きな映画のストーリーで
会話を弾ませているあなたの姿があると思います。

映画で英語を学ぶことは、あなたが英語をマスターする近道と言えるのです。

よく読まれている関連記事

    None Found

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*