2016年 8月 の投稿一覧

外国人観光客をターゲットにした語学力不要のビジネスとは?

lgf01a201405221100

外国人を対象とした新しいビジネスとは?

人気が沸騰するインバウンド市場。
TPP(環太平洋パートナーシップ協定)も助長して
日本経済はグローバル化が進んでいます。

あなたの会社でも外国人を雇用したり、
海外の顧客をターゲットとした事業を展開したりと、
国際交流が必要不可欠な環境になりつつあるのではないでしょうか。

とはいえ、多くの日本人の語学力はまだビジネスレベルではありません。
しかしながら、もし英語や中国語といった外国語が話せなくても、
外国人をターゲットとしたビジネスが可能だとしたら、
やってみたいと思う人は数多くいるはずです。

でもそんなビジネスが本当にあるのか?と
あなたは疑問を抱くことでしょう。

そこで、
語学力不要のインバウンドビジネスについて考察してみましょう。

1.語学力がなくても出来るビジネス

外国人をターゲットにしたビジネスと聞いて
すぐにイメージできるのは、通訳のように
語学力を活かしたものだと思います。

もちろん、最近は中国人観光客の爆買いに便乗した
物販ビジネスをイメージする人もいると思いますが、
一般的には「英語や中国語が話せないと・・・」と
考えてしまうはずです。

しかし、インバウンドビジネス=外国語
という刷り込みこそが最大の盲点なのです。

事実、観光地の土産物店では
スタッフの英語がたどたどしくても
外国人観光客は商品を購入しています。

つまり、商品が相手に気に入られれば
言葉は関係ないことがわかりますよね。

確かに、語学力が劣っていても
ビジネスに関係ないことはわかったけど、
本当にそれだけで外国人観光客は商品を買ってくれるのか?
あなたはそんな不安を拭えないかもしれません。

もちろん、日本人をターゲットにした場合と
同じような情報発信をしてはいけません。

なぜなら、日本と海外には文化の違いがあるからです。

ですが、これは裏を返せば異文化ギャップを埋めれば、
インバウンドビジネスに語学力は不要ということです。

2.2つのビジネスチャンス

英語や中国語が話せなくても
外国人観光客をターゲットしたビジネスが成立すると言って、
実際にどんなビジネスを始めれば良いのでしょうか?

私は大きく分けて2種類のビジネスがあると思います。

一つは物販ビジネスです。

イメージしやすいのは観光地の土産物店などですが、
それ以外にも外国人観光客をターゲットとした
日本の伝統文化に関わる商品を開発するのも
物販ビジネスに当てはまります。

もう一つは体験型のサービスを提供するビジネスです。

実を言うと、この体験型サービスは
語学力不要というメリットだけでなく
高利益率という魅力を兼ね備えているのです。

物販ビジネスの場合、
一般的には仕入れを必要としますから、
多少なりとも在庫リスクが発生します。

でも、体験型サービスの場合は、
あなたの経験や得意分野をそのまま伝えるだけで、
モノを売るわけではないので仕入れが不要となります。

例えば、築地の寿司職人が毎日取れ立ての
新鮮なネタを使ったにぎりを食べられるお店で
地元住民と宴会体験といったサービスを提供するとしましょう。

あなたがすることは、地元住民を集めることと
お店に予約を入れるだけです。

協力者への報酬や宴会費用は
売上から差し引くのですから
仕入れが不要で在庫リスクが無いことは明瞭ですよね。

3.体験型サービスの可能性

もしかすると、例に挙げた宴会体験で
語学力不要なわけがないだろうといった
矛盾を感じている人もいるかもしれません。

でもそんな心配はしなくても大丈夫です。
外国人観光客は日本人が楽しむ宴会という
文化体験をしにきているのです。

ジェスチャーや片言の英単語を並べるだけで
コミュニケーションは十分に図れます。

それに、こうした体験型のサービスを提供し続けていれば、
多少の語学力は自然と身に着きます。

浅草の仲見世通りで商売を営む人たちは、
日常英会話ができなくても現金授受や商品説明ができます。

これは毎年数多くの外国人観光客を対応してきた結果なのです。
ですから、たとえあなたに語学力がなくても
インバウンドビジネスはいつでも始めることができて
大きな利益を生むことが可能なのです。

英語学習を始めるあなたに最適な英会話スクールの選び方

c730c97b8d7e7a0818e0918f37238eaa-718x299

あなたに最適な英会話スクールの選び方

日本の英語教育は小学校の高学年から始まります。
私の時代は中学校に入ってからだったので、
これも国が英語教育に力を入れている証拠でしょう。

グローバル化が進む日本は、2020年に東京オリンピックの開催も控えています。

あなたも「英語くらいしゃべれないとダメだな」
「困っている外国人に道案内をしてあげたいな」
なんて思っているのではないでしょうか。

巧みな営業トークに乗せられて英会話スクールに入ってしまい、
上達しないまま1年経ってしまった。
というのはよくある話です。

簡単な道案内やお店でのやりとりが出来るようになりたいだけのに、
ビジネス場面の英語を学ぶというのはとても大変ですよね。

そのせいで、英語が上手くならずに
学習をあきらめてしまう人がたくさんいるのです。

そこで、英語学習をやり直したいあなたに、
失敗しない英会話スクールの選び方を紹介します。

1.英会話スクールに通う理由

あなたにとっての最適な英会話スクールを選ぶには、
まずあなたの英語学習の目的を明確に伝えなければなりません。

しかし、その本音にフタをしてしまう人がとても多いのです。
日本人が「英語が話せたらいいな」と思うのは表面的な欲求であって、
根源的な欲求ではないのです。

では本音は一体何なのでしょうか。

もちろん人それぞれですが、
「外国人の恋人が欲しい」とか「英語が話せるとカッコイイ」
といったものが多いです。

もしかすると、あなたはこうした本音を明らかにするのは
恥ずかしいと思っているかもしれません。

でもそれは違います。

外国人と恋人同士になるなら、
簡単な日常会話ができれば問題ありません。

なぜなら、付き合ってから起こる問題は
言葉より文化の違いというケースが多いからです。

また、英語がしゃべれればカッコイイというのも、
ビジネス英語ではなくある程度の日常会話が
成り立つレベルではないでしょうか。

2.目的に合ったスクール選び

私は過去に2つの英会話スクールに通いました。
1つ目は日常会話ができるようになるためです。

当時の私は、シンプルに海外の人たちと話がしたい
という気持ちで英語を学び始めたのですが、
スクールの営業担当者や講師たちにはしっかりとその想いを伝えていました。

その甲斐もあって、私は1年半で日常会話をマスターできました。
2つ目のスクールではビジネス英語を学びました。

このスクールに通った目的は、
いずれ起業するからビジネスで英語をつかう場面に遭遇しても
困らないようにしたいというものでした。

講師は私の目的を理解してくれていたので、
電話やメールの対応、プレゼンや交渉といった
ビジネス英会話を親切丁寧に教えてくれました。

こうした個人的な目的に合わせてくれる
英会話スクールに入ったことで、私は英語が話せるようになったのです。

このように、明確な目的に合った英会話スクールを選ばなければ、
あなたの英語学習は失敗してしまいます。

3.スクール選びの判断基準

では一体、目的に合致する英会話スクールは
どのように選べば良いのでしょうか。

それは、英会話スクールの講師が
コーチング能力を身につけているかどうかを判断基準にすることです。

コーチング能力の有無は、
海外留学や企業での指導経験があることで判断できます。

また、社内教育でコーチング研修を修了しないと
講師として活動できない英会話スクールもあります。

有名な英会話スクールが
アルバイトの留学生を雇っているなんてことは珍しいことではないのです。

私は留学生の英語力を否定するつもりはありません。
しかし、彼(彼女)らが母国と日本の文化の違いを認識することや
プロの講師としての資質を備えていなければ、
教わる側の根源的な欲求を満たす教え方はできないでしょう。

コーチングのできる講師が所属する英会話スクールを選ぶことで、
あなたは英語をマスターする第一歩を踏み出せるのです。

集客の安定化を図るコツは、血縁主義に便乗すること

5707-02

血縁主義に便乗せよ

日本社会は核家族化に伴い
親族同士の付き合いが希薄になっています。

実家に帰るのはお盆と年末年始だけ。
親戚とは冠婚葬祭でしか顔を合わさない。

そのせいで親や兄弟でさえも頼りづらい
という関係性になってしまった。

そんな人も少くないのが現状です。

ただ、こうした状況は日本特有なものです。

事実、多くの外国人(特に中国人やユダヤ系の人)たちは
血縁をとても大切にしています。

実を言うと、こうした海外の血縁主義を研究していくと、
インバウンドビジネスで成功する
大きなヒントを見つけることができるのです。

1.強固なコミュニティ

インバウンドビジネスは、
直接的でも間接的でも最終消費者は外国人観光客です。

つまり、異文化とのギャップを埋めなければ、
相手のニーズを瞬時に読み取り
それに応える商品を素早く提供することは簡単ではありません。

とはいえ、外国人観光客のニーズに応えたからといって、
毎年日本を訪れてくれるとは限りません。

だからこそ、血縁主義の研究がキーポイントとなるのです。

そもそも、なぜ中国人やユダヤ系の人たちは
血縁を大切にするのでしょうか。

歴史を振り返るとその背景がわかります。
彼(彼女)らは外敵の大義によって迫害を受けたり、
戦争に巻き込まれたりしてきました。

こうした状況下では、戦うにしても逃げるにしても
仲間意識を強めない限り一族は滅亡してしまいます。

つまり、つながりを保つことは命綱だったのです。
社会学的に言うと相互扶助ですね。

このように、外国人たちは
相互扶助の意識を持っているため、世界中で活躍できるのです。

例えば、あなたが中国人だとして医者になりたいなら、
アメリカの医大に在籍する同じ中国人の教授を頼ることで
医者への道のりを指南してもらえます。

そうすることで、あなたが医者として
世界中どこへ行っても腕を振るうことができるのです。

日本人はこうしたコネを嫌う傾向がありますが、
それは政治の世界がドロドロしているからであって、
むしろビジネスでは重視すべきことです。

出身やコミュニティの大切さは訪日旅行にも当てはまります。

私はニュージーランドからのカップルと浅草を散策したとき、
血縁主義の良さを目の当たりにしました。

写真を撮ってくださいと言ってきた別のカップルが
オセアニア出身とわかると、
私と同行しているカップルとすぐに意気投合したのです。

4人は日本に着いてから困ったことや
良かった場所の情報交換をして
次の観光スポットを決めていました。

このことからも外国人が母国やコミュニティを
どれだけ大切にしているか理解できると思います。

2.安定集客の秘訣とは?

あなたは既にお気づきかもしれませんが、
この血縁主義に便乗すれば集客が安定するのです。

たった1人の外国人観光客でも、
その裏にはとてつもない数の見込客が潜んでいます。

日本での素晴らしい体験を、
家族や友人だけでなくSNSやブログで公開してもらうことで、
問い合わせの数は確実に増えていくでしょう。

私のビジネスは、大衆向けのサービスではありません。
一人一人のニーズにしっかり応え、友人のようなつながりを求めます。

でもそのおかげで、次のお客様を呼んでくれて
集客の苦労がなくなりつつあるのです。

あなたのビジネスも、
1人の外国人観光客が持つコミュニティをケアすることで
安定した集客が可能となるのです。

プロの英語教師が推奨する英会話マスター王道の3ステップ

girl-791037_1920-400x270-mm-100

英会話をマスターする王道の3ステップとは?

「最近、友人が英会話スクールに通いだした」
「会社で英語が話せることが必須になる」といったことが
あなたの周りでも起こり始めているのではないでしょうか。

でも実際に、英会話スクールに通えば
本当に英語が話せるようになるのか?
といった不安はなかなか拭えないと思います。

私が始めて通った英会話スクールでも、
話せないまま契約期間を終えた人が何百人もいました。

とはいえ、私も含めて
ゼロから英語が話せるようになった人も
数多くいるのも事実です。

では一体、英語学習で上手くいく人と
上手くいかない人は何が違うのか?

そのあたりを探ってみましょう。

1.英語が上達する人としない人

英語を学び始めて上達する人と
上達しない人の違いはたったひとつしかありません。

それは、英語学習の王道に則っているかどうかです。

多くの日本人が未だに間違った学習をしているのですが、
英語学習には王道があります。

これは、言語学習の基本中の基本で
「聞く」ということです。

赤ちゃんは育ての親の会話を聞いているうちに
脳が母国語を勝手に読み込み
時間の経過とともに自然と発するようになりますよね。

つまり、言葉を覚えようとするとき、
この王道から外れると膨大な時間がかかって
やっと話せるようになれるか、
結局永遠に話せないままかのどちらかしかないのです。

にも関わらず、私たち日本人は学校で
日本語を使った通訳レッスンを繰り返し、
リスニングとスピーキングを疎かにしています。

上達する人としない人の違いは一目瞭然ですよね。

2.頑張っても報われない学習法

よく「私はリスニングを毎日やってますが上達しません」
という人がいます。

恐らく、その人は日本語訳が入っている教材をつかっているか、
学習している状態が目的になってしまい、
英語を話して外国人をターゲットとしたビジネスをするなど、
ゴールを見失っているため上達しないのです。

掛け算で式のどこかにゼロが入っていたら、
答えは必ずゼロですよね。

上達しない方法は、
どんなに頑張っても残念ながら報われないのです。

3.王道の3ステップ

そんなこと言ったって正しい学習法なんて誰も教えてくれない。
そんなやり場のない怒りの感情を持つ人もいると思いますので、
英語学習王道の3ステップを紹介します。

1、ゴールを設定する

まず最も大切なのは英語を話す理由です。
なぜ英語がしゃべれるようになりたいのか?
これを明確にしないと、あなたの脳はエネルギーを湧出しません。

ですから、観光ガイドとして活躍したいから英語をつかいこなすなど、
ゴールを設定することは最優先課題なのです。

2、ひたすらリスニングする

ゴールが決まったらあとは聞き続けるだけです。
脳の言語領域は日本語と英語で異なることが証明されていますから、
日本語が一切入っていない教材を活用します。

そして、脳の音量タンクが満杯となる1000時間のリスニングをします。
1日3時間なら1年未満で簡単にクリアできます。

3、実際に外国人と接する

1000時間も聞いていればある程度は話せるようになりますから、
実際に外国人に声をかけて生の英語を聞くことです。

もし、わからなくても聞き返せば良いだけです。

外国人と話す機会がないなら、
1000時間のリスニングが終わったタイミングで
英会話スクールに入り、プロの外国人講師から
文法や表現方法を学びましょう。

4.唯一無二の方法

あなたが母国語以外の言語を学ぶとき、
この3ステップは王道であり、
それ以外の道はいかなる方法も茨の道なのです。

あなたが英語学習で失敗したくないなら、
面倒でもあきらめずに王道の3ステップを実践することが
唯一無二の学習法なのです。

外国語のサービスを短期間に充実させるために必要なこと

images

外国語のサービスを充実させるには?

2020年の東京オリンピック開催まであと4年。

観光庁はカウントダウンに向けて
訪日外国人の受け入れるためのさらなる整備を進めています。

あなたもこうした世の中の流れに実感があると思います。

例えば、Wi-Fiが使える場所や外国人が集まるお店が増えるといった、
私たちの生活環境はものすごいスピードで変化しています。

でも、外国人にとってはまだまだ不便を感じるものも少なくありません。
その辺りを研究して訪日旅行者に対する課題の解決策を探ってみましょう。

1.異文化ギャップを埋める喫緊の課題

訪日旅行者に対する課題は数え上げれば切りがありませんが、
喫緊の課題は世界の標準とかけ離れていることについて解消することです。

代表的なのは外国語のサービス向上で、
例えば、交通機関を利用するときの不便さが課題となっています。

飛行機に乗ると客室乗務員は英語が話せるので
困ったことを相談したときに難なく解決してくれます。

ところが、鉄道の乗務員や駅員、バスの運転手、タクシードライバー
といった人たちはどうでしょう。

彼(彼女)らの外国人観光客への対応は
お世辞にも素晴らしいとは言えません。

もちろん、中には英語や中国語で
丁寧な接客を心掛けている人たちもいらっしゃいます。

また鉄道やバスの案内放送では
外国語の自動音声サービスが流れますので、
目的地に着くまでの不安は多少なりとも解消されていると言えます。

でもそれは、訪日外国人の受け入れ態勢としては
当たり前の姿であって、
全体的にはまだまだボトムアップが必要と言える状況です。

なぜ、航空会社の従業員は英語が話せて、
その他の交通機関に従事する人たちは英語が話せないのでしょうか。

各社の採用基準に英語は関係ないというのが一番の理由でしょうが、
それは鉄道やバスがただのインフラに過ぎないという考えが根底にあるからです。

確かに、鉄道やバスは私たち日本人の交通手段としてかかせないものです。

しかし、現代の日本は既にインフラ整備が充実しています。
政府が訪日外国人による消費で経済を回そうとしているわけですから、
航空会社以外の従業員も観光利用を考慮して
英語や中国語などの語学力を身につけることは必要不可欠です。

2.短期間に語学をマスターする方法とは?

とはいえ、これまで外国語に縁のなかったのに、
「時代が変わったから語学力を身につけろ」と言われて、
「はい、そうですか」と簡単に行動できる人はほとんどいないでしょう。

私たち人間の脳は習慣化されたことを正しいと判断します。

今まで外国語を話す習慣のない人が、
突然学び始めても三日坊主で終わるのがオチです。

三日以上続いたとしても、
よほどの意志力を持つ人以外は
学習そのものに苦痛を感じて最終的には諦めてしまうでしょう。

ですから、こうした人たちがゼロから語学力を身につけるには、
まず環境を変えなければなりません。

海外に行くと日本語のない生活に最初は戸惑いますが、
時間の経過と共にそれが当たり前となり、
脳は外国語を話せない方がおかしいと感じるようになって、
あなたは自然と外国語を学び始めるのです。

だからといって、すぐに海外留学なんて普通はできないですよね。

そこで、海外留学に似せて
あなたが学ぶ外国語を日常生活に取り入れるのです。

私は28歳でゼロから英語を学んだとき、
テレビのニュースを副音声で聞いたり、
手帳・カレンダー・携帯電話などあらゆるものを英語表示にしたりして、
英語環境に身を置きました。

もちろん、最初はすぐに日本語で考えてしまっていましたが、
1ヶ月もかからないうちに英語環境に慣れました。

そして今では、英単語の方が先に思い浮かぶので
日本人との会話で逆に戸惑うこともあるくらいです。

このように環境を変えると、
はじめの何日かはストレスを感じますが、
それを過ぎると脳が古い環境より新しい環境に慣れようとするので、
理想の状態に近づくことができます。

訪日旅行者に対するサービスの課題である外国語の対応についても、
世界の標準に合わせて会社や組織の環境を変えることで、
訪日観光サービスのクオリティは格段に上がっていくのです。

爆発的な売上につながるインバウンドコーチングとは?

file221263244327

本物のインバウンドコーチングとは?

訪日消費の活性化により外国人観光客に対する
サービスの向上を迫られる場面が増えています。

また、それに伴いインバウンドビジネスに特化した
コンサルタントコーチが出現し始めています。

あなたの会社でも、
外国人との接客の方法について学んだり、
外国人観光客向けのマーケティングを教わったり
といった機会が多いのではないでしょうか。

しかし、コンサルティング
コーチングは似ているようで全く違います。

そこで、この2つのスキルの違いを明確化した上で、
コーチングがインバウンド市場で発揮する威力について
紹介していきます。
 

1.コーチングとコンサルティングは違う

まずコンサルティングですが、
これは診断という言葉が妥当です。

事実、中小企業診断士という職業が存在します。

事業内容を精査してどうすれば、

・売上をUPできるのか?
・損失を回避できるのか?
・利益を最大限に上げることができるのか?

といったことを提案していきます。

 

つまり、悪い病気を治して健康増進を図る医者と似ていますね。

ただ、コンサルティングにはひとつだけ問題があります。

それは、クライアントが「でも・・・」や「難しすぎる」という
言い訳をしてアクションプランを実行しないことです。

これは、メンタルブロックと言って
過去の習慣や変化への恐怖により脳が行動を抑制するものです。

一方、コーチングは、ゴール(目標)を設定して、
そのゴールを達成するためにマインドを変えるものです。

コンサルティングでも今年の売上目標は・・・みたいに
ゴールは存在しますが、それは銀行の融資審査と同じで
現状で実現可能性の高いものが設定されます。

ですから、コンサルティングとコーチングでは
ゴールの意味合いが違うのです。

この違いを踏まえた上で、
インバウンドビジネスにおけるコーチングはどのように行うのか?
具体的な方法に迫っていきましょう。

2.コーチングで一番最初にすること

先述した通り、真っ先にすることは
クライアントのゴール設定です。

ここで気をつけなければいけないことは、
ゴールが現状の最適化であってはならないということです。

例えば、クライアントがインバウンド市場で
物販ビジネス(土産物店など)に新規参入するとします。

すでに物販で過去5年の平均年商が1億円だし、
ターゲットを外国人観光客に変えるだけだから、
売上目標は年商1億5千万円くらいかな
というゴールを設定したとしましょう。

あなたがコーチとしてこうしたゴールを後押しするのはNGです。

なぜなら、こうしたゴールは現状の延長線上に過ぎないからです。

では一体、どのようなゴールが望ましいのでしょうか。

それは、
「インバウンド市場で世界中から注目を集めるビジネスモデルをつくる」とか
「外国人観光客が一瞬で飛びつく商品を開発する」といったゴールです。

一般的に考えれば、
「そんなのどうやってやるんだよ?」と思うかもしれません。

しかし、現状に不満を感じていて、
それを打破しさらなるジャンプアップをしたいから
コーチングを受けるわけですよね。
 
ですから、ゴールが現状とかけ離れているのは当然です。

3.望ましいゴール

「うーん、でも何かスッキリしない」
という人のために例を挙げますね。

私は、外国人観光客とスカイツリーに
何度か行ったことがあります。

さて、スカイツリーに来ている人たちは
どんな人たちでしょうか。

当然ですが、観光客が中心です。
 
東京に住んでいてスカイツリーを観光する人と
東京以外からスカイツリーを訪れる人では
圧倒的に後者の方が多いですよね。

つまり、多くの東京人は、
近い場所はいつでも行けるから、
観光客で混雑しているところにわざわざ行く必要はない
と考えるのです。

遠く離れた場所だからこそ、
そこ訪れるために、旅行の計画を立て、そのためのお金を貯めて、
実際に現地での観光を楽しむのです。

ですから、現状の延長線上にあるゴールは
脳にエネルギーが湧かないのです。

これがゴールを現状から遠い地点に設定する理由です。

4.コーチの役割

ゴール設定さえできればコーチの役割はほぼ終了です。
現状と全く違うゴールですから、
クライアントは勝手にエネルギーが湧いて
その道のりを必死で進んでいくことでしょう。

「必死で」なんて言うと大変そうに聞こえますが、
それは周りからそう見えるだけで
本人にとって全く苦痛ではありません。

ゴールへの道のりは楽しくて仕方ないはずです。

「外国人観光客が一瞬で飛びつく商品を提供する会社をつくる」

そんなゴールを設定した途端、
外国人観光客のニーズをリサーチして、
ポジショニングを構築して・・・と
自然に必要なことへの反応を示すようになるのです。

ただ、どんな人だって
永遠に右肩上がりに物事を達成するわけではありません。
 
クライアントの意気込みが弱まったり、進行が停滞したら、
「大丈夫、絶対できる」とモチベーションを保たせ
ゴール到達時の臨場感を与えるのもコーチの仕事です。

5.コーチングの威力

こうして考えると、コーチングは抽象的過ぎると
思う人もいるかもしれません。
しかし、コーチングは脳機能や心理状態が大きく影響しており、
学問的見地から生み出された正当な技術なのです。

あなたが新たにインバウンドビジネスで成功を収めたいなら、
コーチングを受けることによってゴールを達成し、
爆発的な売上と安定収入を得られるのです

日本人が学ぶべき訪日旅行者が喜ぶマーケティングとは?

lgf01a201410260400

マーケティングとは?

よく「マーケティングとは・・・だ」と言った表現があります。

あなたもビジネス本などで、
こうした文言を目にしたことがあるのではないでしょうか。

実際に、マーケティングのセミナーなどに足を運ぶと、
必ずと言っていいほど「マーケティングとは?」みたいな話が出てきます。

そこで、マーケティングとは一体何なのか?
そして、その答えがどんな効果をもたらすのか?
を探ってみたいと思います。

1.マーケティングの定義

アメリカマーケティング協会によれば、
「マーケティングとは顧客に対して価値を創造し、伝え、提供し、
かつ当該組織とその利害関係者を益するために
顧客関係を管理するための組織機能であり、一連のプロセスである」
と定義されています。

何だか難しい言葉が並べられてよくわからないですよね。

別の視点から答えを探ってみると、
「marketing」は英英辞典で、
宣伝活動及び最良の方法で商品を売買する行為と訳されます。

でもまだスッキリしないというのが本音ではないでしょうか。

2.悩みを解決する

もう少しシンプルに考えてみましょう。

私は「マーケティングとは、
人の悩みを見つけて、その悩みを解消する商品をつくるまでの作業工程」
だと思います。

訪日旅行者の悩みを例に私の仮説を検証してみましょう。
 
はとバス外国語ツアーのアンケート調査によると、
日本での不満ランキング1位は「
外国語のサービスが少ない」でした。

場所にもよりますが、この調査は的を得ています。
事実、私がよく利用するレストランでは
外国語のメニューがありません。

また、有名な観光地を除くと、
多言語ガイドを取り入れている場所も少ないのが現状です。

あなたがこうした不満を解消できれば、
それは当然ビジネスになりますよね。

3.お金を生み出す

ではどのようにして、
訪日旅行者の悩みがお金に変わるのでしょうか?
その具体的な流れに迫ってみましょう。

例えば、あなたは会社員で英文事務を担当しているとします。
英訳・和訳はお手の物ですから、
レストランの英語メニューを作ることは簡単ですよね。
つまり、英語メニューをレストランに販売すれば良いのです。

もうひとつ例を挙げてみましょう。
あなたは子供の頃から相撲が大好きで、
大相撲のことなら何でも知っていて
現役力士とのつながりもあるとします。
 
大相撲は多くの外国人観光客に人気ですが、
そのガイドができる人は決して多いとは言えません。

ですから、相撲部屋見学ツアーや本場所観戦ツアーといった
体験型サービスを立ち上げネット上で情報発信すれば、
訪日旅行者が挙って押し寄せることでしょう。

確かに、相撲イベントは主催できるけど
英語の壁はどうやって乗り越えるのか?
あなたはそんな不安を感じているかもしれません。

でも、そんな心配は杞憂に終わります。
現代は翻訳のサイトやアプリが充実していますから
集客における英語の壁はないに等しいと言えます。

4.マーケティング=収入

このように、「外国語のサービスが少ない」という
訪日旅行者の悩みひとつをとっても、
それをビジネスにしてお金を稼ぐことができるのです。

起業したばかりの人は、
自身で開発した商品に対する自信や
起業のために貯めてきた資金力を武器に
勝負しようとしがちです。

もちろん、スタートダッシュに成功すれば
その勢いで売上をどんどん伸ばしていくことができるかもしれません。

しかし、80%の会社が起業後3年で倒産または廃業
というデータがあるように
最初から利益を確保し続けることは容易ではありません。

だからこそ、マーケティングが重要なのです。

つまり、マーケティング=収入であり
マーケティングがしっかりできることで
あなたの収入は右肩上がりに増えていくのです。

そして、あなたにお金をもっと稼ぎたいという想いがあるなら、
訪日旅行者の悩みを集めて、それを商品作りに活用することで、
あなたの欲求は満たされるのです。

外国人観光客に大人気の着物

qn65pucfvu3ndkc8kjob

突然ですが、、、、

=================
日本の着物は華やかで美しい
=================

外国人から評判が良いのをご存知ですか?

特に欧米では、着物を着る習慣がなく
アジアの民族衣装は興味を持たれます。

その中でも、日本の着物は、、、

=======================
中国のチャイナドレスや
韓国のチマチョゴリよりも
=======================

人気があると言われています。

ですが、、、最近は、、、
着物を一人で着ることが出来る人が減りました。

振袖一つ着るのにも、
=======================================
帯や帯締め、足袋、草履、ショール、肌着、
長襦袢、裾よけ、腰紐、伊達締め、コーリンベルト、
前板、衿芯、帯枕など、、、
=======================================

様々な小物が必要となります。

その為、大学の卒業式など特別な日に着る振袖は、、、
何ヶ月も前から着付け予約をする人を多く見受けます。

こうした事情からも、着物を日常的に着ている人が
減っていますので、、、、

着物の希少性は高まってます。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

実際、外国人が京都を旅する目的の一つに、、、

着物を着ている巫女さんや舞妓さんを見る為
という外国人も多いですし、
着物をレンタルして着たいというニーズもあります。

余談ですが、私も以前に、フィリピン人のファミリーに
着物の着付け体験を提供して凄く喜ばれました!!

外国人の着物に対する人気は今後も続きますから
何かビジネスを考えても面白いかもしれません。

例えば、、、、

着物を一日レンタルして気に入ったら買ってもらう。

こうしたアイデアも体験ガイドに活かすことができますので
ぜひ参考にしてみてくださいね。