2016年 7月 の投稿一覧

渋谷から紐解く、外国人観光客を呼び込む秘訣とは?

p5091260-1024x768

外国人観光客を呼び込むヒントは渋谷にある

渋谷は新宿や池袋と並んで山手の三大繁華街と言われています。

渋谷の街は女子高生の溜まり場とも
呼ばれた時代もありましたが、
現代はその様相も一変しています。

特にその一端を担うのが外国人観光客の存在です。

あなたもテレビやインターネットで
渋谷の映像を見たことがあると思います。

事実、NHKの天気予報では
「現在の渋谷の様子です」と毎日必ず放映されていて、
駅前のスクランブル交差点には
多数の外国人観光客を見受けることができます。

なぜ毎日のように外国人観光客が渋谷の街を訪れるのでしょうか。
その謎を解明していきます。

1.渋谷の歴史

歴史を振り返ると渋谷という街が
活気溢れるようになったのは
明治時代に山手線や玉川電鉄(現在の東急)が開通してからです。

また大阪の梅田駅をモデルに
ターミナルビルの開発が進み、戦後の復興を経て、
1970年代以降は若者の街として流行の発信地となり、
21世紀以降は近未来を連想させる街づくりとなっています。

外国人観光客の人気を集めるようになったのは
2010年代に入ってからです。

では実際に外国人観光客は渋谷の街にどんな魅力を感じているのでしょうか?
代表的な2つの観光スポットについて考察してみましょう。

2.2つの観光スポット

1、渋谷駅前スクランブル交差点 渋谷駅前のスクランブル交差点は、
1回の青信号のときに横断する人が最高で3000人、
1日の通過人数は50万人だそうです。

同じ東京であっても1回の青信号時に
1人も渡らない交差点があることを考えると、
とてつもない数字であることがわかります。

今やこの交差点は
日本の象徴とさえ言っても過言ではありません。

実際に訪日観光のツアーで、
渋谷駅前スクランブル交差点通過という
行程も組まれるくらいです。

また、Youtubeなどの動画共有サイトや
海外の掲示板でも話題になっているように、
凄まじい人数が一斉に渡ってぶつからないことや
なぜあんなに多くの人が渡るのかなど、
渋谷駅前のスクランブル交差点は世界が注目するスポットなのです。

2、ハチ公前

日本人の感覚からすると、
ハチ公前は待ち合わせ場所ではないでしょうか。

でも外国人観光客にとっては
列記とした観光スポットなのです。

そのため、忠犬ハチ公の銅像前には
連日カメラをぶら下げた外国人観光客たちが写真を撮っています。

ガイドブックに載っているからというだけで
ここまで人は集まらないでしょう。

恐らく名俳優リチャードギアが出演した
忠犬ハチ公のハリウッド版が大きく影響しているはずです。

私は渋谷と言ったら、とにかく人・人・人・・・と
混雑しているイメージしかないのですが、
その混雑ぶりが世界でもまれに見る街の風景として
ひとつの目玉になっているのです。

私も何度か外国人観光客と一緒に
渋谷駅前のスクランブル交差点を渡ったことがあります。

どの人にも共通していたのは、
自撮り棒を使って横断する姿を撮影していたことです。

中には信号が赤に変わりかけているのに、
交差点のど真ん中で撮影を続行するといった危険行為もありました。

また、これまでハチ公前に行くと
幾度となく写真撮影の依頼を受けました。

忠犬ハチ公の物語はやはり海外でも有名なようです。

もちろん、渋谷の見どころはこの2つ以外にもあります。
ただ、駅前のスクランブル交差点と忠犬ハチ公の銅像は
あまりにも世界的に話題性のある熱いスポットと化してしまったのです。

3.目玉があれば有名になる

このように、現在の渋谷はたった2つのスポットだけで
外国人観光客から熱い支持を集めているのです。

これはある意味、目玉があればその街は
一気に有名な観光スポットになるということです。

あなたたが外国人観光客を呼びたいなら、
日本ならではなものを土地の魅力としてアピールすることが絶対条件なのです。

コミュニケーションにかかせない訪日旅行者が共感する伝え方

c730c97b8d7e7a0818e0918f37238eaa-718x299

外国人に喜ばれるコミュニケーションとは?

「最近、外国人増えたよね?」
あなたはそんな会話をよく耳にしていると思います。

特に東京では至るところで外国人を見かけるようになりました。
とはいえ、日本はまだまだ外国人にとって
過ごしやすい国ではないのです。

実際に、外国人とコミュニケーションが
上手にとれる日本人は多くありません。

では一体、外国人はどんな部分に不便を感じているのでしょうか。
そのあたりを研究してみましょう。

1.レストランで感じるストレス

外国人が日本に来て困ることの多くは文化の違いです。

ただこれは、誰がどの国に行っても感じることですから
仕方のないことです。でも日本の場合、
外国人に対して間違った伝え方や不明確な説明が多いように感じます。

レストランでのコミュニケーションを例にとってみましょう。

日本食(和食)は世界文化遺産に指定されたこともあり、
世界中で人気を集めています。私は外食をするとき、
レストランで外国人観光客をよく見かけます。

そこで見る光景が、彼(彼女)らと店員のやりとりなのですが、
何ともお粗末な場面が多いのです。

外国人観光客が英語メニューを見て店員に尋ねます。
すると店員は英語で伝えるのですが、
客側はあまり理解していない様子です。

そして、程なく注文をあきらめ
何とか理解できるメニューで我慢するのです。
何だか可哀想だと思うのは私だけでしょうか。

2.必要なのは単語ではなく説明

では一体、外国人がわからないメニューとは
どのような表記になっているのでしょう。

例えば、居酒屋でイカ焼きはgrilled squidと書いてあります。
これでは外国人が困って当然です。

あなたは「えっ、何で?」と思うかもしれません。

確かに、英訳そのものは合っています。
しかし、そのイカ焼きはどのように調理されたものなのでしょうか。

「特製ダレにつけたイカを丸ごと網で焼いたもの」とか
「一口サイズにカットしたイカを醤油で炒めたもの」というように、
様々な調理方法があるはずです。

つまり、料理の詳細を英訳する必要があるのです。
英語を話せる人はわかると思いますが、
外国人は理由を求めたがります。
ですから、単に英訳しただけでは伝わらないのです。

3.メタコミュニケーション

私は以前、アルゼンチン出身の旅行者と
東京の谷根千エリアを散歩したことがあります。

彼はゲームおたくでゲームの制作会社に勤めていました。
日本のゲームにも詳しく私たちはドラクエの話で盛り上がりました。

しかし、神社や仏閣についての話はあまり理解を示しませんでした。
このように、日本の良さを伝えようにもその存在自体を知らない場合、
いくら英語で説明しても意味がありません。

ではどうすれば、彼のような人に私たちの文化が伝わるのでしょうか。
それは、メタレベルでの英訳です。

例えば、道を歩いていて見かける道祖神は、
ドラクエで言えば旅のほこらです。
彼の場合はゲーム好きだったのでドラクエを例に説明しましたが、
こうした表現によって、彼は神社・仏閣について理解してくれたのです。

このように、日本には外国人にとって
理解しづらいものが悪い意味で顕在なのです。

でもあなたがコミュニケーション力に長けていれば、
先述のゲーマーのように、共通の話題からキーワードを探して
会話を切り盛りすることが可能です。

そうすれば、あなたは外国人とのやりとりで、
いちいち悩んだり困りごとを抱えることがなくなるでしょう。